<< 「シンミアロッソ」でランチ♪(9/22) | main | ウサギぷりん >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

    【怒り】(9/22)

    0
      ポイントが貯まっていたので、ポイントを使用し、祝日の昼間、無料で映画鑑賞♪
      吉田修一原作の【怒り】


      ☆あらすじ☆
      『横道世之介』『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説を、『悪人』でタッグを組んだ李相日監督が映画化。現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描く。出演には渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡など日本映画界を代表する豪華キャストが集結。 八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。
      シネマトゥデイ(外部リンク)

      ☆ぷり母感想☆
      最初の八王子の事件の現場や状況は目を背けたくなるし、犯人の心理は全く理解できない。
      原作は未読でしたが、ネタバレで先に犯人を知ってしまいましたが観に行きました。
      豪華キャストですね。
      主役は誰かな?渡辺謙さん??
      演技が気になる人がいないので、最初から最後まで物語に集中できました。
      信じることって簡単なことではないなあと感じました。

      祝日ですが割引のある日ではないので空いているかと思いましたが、中々の混み具合。
      いつも座る辺りの席は埋まっていて、隣が空席になって通路沿いの席を探したら、前から3列目しか空いてませんでした。
      飲み物を購入したら、上映開始ギリギリになっちゃいました(~_~;)
      posted by: ぷり母娘 | 映画・DVD鑑賞 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 22:20 | - | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://puri04.jugem.jp/trackback/1597